妊娠中の便秘解消

私は現在、33歳で3歳5ヶ月の女の子と0歳5ヶ月の男の子の二人の子供がいます。
妊婦便秘解消方法

一人目の子の妊娠の時のストレスは体重増加でした。
一人目の子の妊娠はずっと待ち望んでいたものでした。幸いつわりもなく妊娠がわかったときはとても幸せな気分でおりました。
私は子供の頃から水泳やスキーやテニスをやっており、大人になっても週に1回はテニスサークルでテニスをしていました。

妊娠がわかり、当然テニスもできなくなりました。つわりがなかったので、食事は普通通りに食べておりました。妊娠初期は、気だるく眠い毎日で家にいることが多くなりました。
その生活からか妊娠3ヶ月の妊婦健診で2キロ体重が増えてしまい、産婦人科の先生に注意されました。
その後、体重が増えるのがとてもストレスになり、妊婦健診や体重を測るのがとても嫌になりました。
妊婦健診の前日は食事を減らし、朝食も食べずに健診にいきました。

安定期に入ったら、病院の先生の承諾をもらって、プールで歩いたり、公園でウォーキングをしたりしました。運動をすることによって、ストレス解消になり、体重もあまり減らなくなりました。
ウォーキングは出産するまで続けました。おかげで体力も落ちず出産できたと思います。

二人目の妊娠の時のストレスは、便秘でした。

二回目の妊娠は少しつわりもあり、吐くことも何度かありました。
妊娠してからひどい便秘になり困りました。最初は、ヨーグルトを食べたり、水分多く取ったりしたのですが、なかなか出ず毎日ストレスを感じました。

市販の薬を飲むのに不安を感じたので、産婦人科の先生に相談して薬を出してもらうことにしました。
ツムラの大建中湯という漢方の薬です。独特の匂いがあり、まだつわりのある時期はこの薬が原因で吐いたりしてしまいました。

つわりが落ち着いたら、この薬を飲めるようになり、この薬を飲んだら便秘はとても改善しました。
この薬は、出産までずっと飲み続け、便秘のストレスはなくなりました。

妊婦便秘解消方法

彼女のアソコの臭いが強くて…

後輩のA君から「折り入って相談がある」と言われ、焼き鳥屋へ行きました。

しばらくは世間話などしていたのですが、「実は、彼女のアソコの臭いがきつくて、口で愛してあげられないんです。彼女は口でしてくれるので、ボクもしてあげたいんですが、臭くて無理なんです。彼女のことは愛しているし、このまま付き合うことができれば将来的に結婚も考えたいと思っています。でも、彼女のアソコの臭いが強くてダメです。どうすればいいでしょう」という相談内容でした。

確かに愛し合う恋人同士にとって、女性のアソコの臭いは切実な問題だと思います。
実際、わきが以上に女性の臭いの悩みで圧倒的に多いのが、やはりアソコの臭いだそうです。いわゆるデリケートゾーンですが、臭いが気になって恋愛に積極的になれないとか、好きな男性に告白できない、彼とお泊りデートへ行けないなどさまざまな悩みがあるみたいです。

でも、今はアソコの臭い対策に特化した石鹸や洗浄剤がいろいろ出ているので、試してみる価値はあると思います。実は、以前にホテルへ行った女性もアソコの臭いが強烈でした。正直言って、萎えました。とても美人だっただけに当初は長くお付き合いしたいと思っていたのですが、その日のうちに別れました。

A君には、「アソコの臭いに効く美容液ソープがあるから、試してごらん」と教えてあげました。

女性のアソコの臭いを改善ならアンボーテ